土地活用でマンション経営を選択する前に読むサイト

マンション経営で土地活用する「3つのメリット」

遊休地を有効活用するマンション経営のポイント

土地活用の手段として、最も一般的なのが賃貸マンション経営。土地をお持ちの方にとっては、さまざまなメリットがある投資といえます。
土地は手付かずのまま所有しているだけで、一定の固定資産税と都市計画税(地方税)がかかってきますが
賃貸マンション経営を行うと、以下のようなメリットが享受できます。

メリット1

定期預金の
20倍の高利回り

ゼロ金利が続く預貯金に対し、マンション経営で得られる家賃収入の利回りは5%前後。定期預金と比べると、20倍もの高利回りが期待できる投資商品です。

メリット2

節税対策にも
効果的

更地に賃貸マンションを建てると、固定資産税が1/6、都市計画税が1/3に(1戸あたりの敷地面積が200㎡以下の場合)。さらに相続税の節税も期待できます。

メリット3

生命保険の
代用になる

住宅ローンに付帯する団体信用生命保険で、万が一オーナーが亡くなっても残債は保険で返済。さらに、遺族には完済したマンション(財産)を残せます。

マンション経営で土地活用する
「3つのメリット」


遊休地を有効活用するマンション経営のポイント

土地活用の手段として、最も一般的なのが賃貸マンション経営。土地をお持ちの方にとっては、さまざまなメリットがある投資といえます。
土地は手付かずのまま所有しているだけで、一定の固定資産税と都市計画税(地方税)がかかってきますが、賃貸マンション経営を行うと、以下のようなメリットが享受できます。

メリット1

定期預金の
20倍の高利回り

ゼロ金利が続く預貯金に対し、マンション経営で得られる家賃収入の利回りは5%前後。定期預金と比べると、20倍もの高利回りが期待できる投資商品です。

メリット2

節税対策にも
効果的

更地に賃貸マンションを建てると、固定資産税が1/6、都市計画税が1/3に(1戸あたりの敷地面積が200㎡以下の場合)。さらに相続税の節税も期待できます。

メリット3

生命保険の
代用になる

住宅ローンに付帯する団体信用生命保険で、万が一オーナーが亡くなっても残債は保険で返済。さらに、遺族には完済したマンション(財産)を残せます。

マンション経営で
土地活用したオーナーの声


以上の通り、賃貸マンション経営には大きなメリットがあります。
こうしたメリットを受けたオーナーは、具体的にどんなことに喜びを感じているのでしょうか。
実際にメリットを得られた先輩オーナーのコメントを見ていきましょう。

実例1

Aさん

鉄筋4階建て1LDK×15部屋

将来像を見据えて自宅を
マンションに土地活用

実家の敷地面積が広く、相続税対策と、何か有効活用できないかと考えたところ、マンション経営という文字が目に入りました。
そこにマンションを建築。運用も信頼できる会社にお任せしているので、空室もほとんどありません。これで、大切な資産を子や孫に残せると安心しています。

実例2

Fさん

鉄筋5階建て2LDK×18部屋

完成から3カ月で満室になり
家族もビックリ!

マンション経営を始めるきっかけは、相続税対策の一環でした。多額の費用がかかるので、かなり検討しましたが「自分はマンションのオーナーになる」という強い決意をもって工事を依頼。それでも空室が出たら…という不安もありました。
でも、完成から3カ月後には満室。自分はもちろん、家族や知り合いも驚いています。

実例3

Sさん

鉄筋5階建てワンルーム×16部屋

土地活用では信頼できる
会社選びが成功のカギ

父名義の広い土地を所有しており、マンションを建てれば土地の評価額が減額されることや、相続税の節税効果に惹かれ、賃貸経営を始めました。
建築するマンションのプランやデザイン決めなど、全体をプロデュースしてくれた信頼できるパートナーがいたおかげで、現在では他にも物件を持ち、安定した収入が得られています。

POINT土地活用・マンション経営で最も重要なのは…

信頼できるパートナー選びがポイント

オーナーの声にもあったように、土地活用やマンション経営で重要なことは、パートナーとなる建築会社(ディベロッパー)選びです。

しかし、どうやって信頼できるディベロッパーを選べばいいのでしょうか。
「誰もが知っている大手のディベロッパーに任せれば安心だ」と多くの人が考えがちですが、本当にそれだけでよいのでしょうか。

大手ディベロッパーの薦める通りにマンションを建てた結果、当初は順調だった経営も数年後に資金繰りで苦労するというのはよく聞く話です。 もちろん大手ディベロッパーすべてがこういった商品を販売しているというわけではありませんが、多いことも事実です。

重要なのは、オーナー自身も勉強して、しっかりと知識を身に付ける必要があるというです。そこで初めて信頼できるディベロッパーを選ぶことができるのです。

マンション経営はサポート体制が重要

とはいえ、初心者の方にとっては入居者の募集やマンションの管理には不安を感じることも多いと思います。そういった方はプランニングから管理までワンストップで提案してもらえる会社を選ぶことが、安心・安定経営の重要なポイントになります。

そこで当サイトでは、初心者の方でも安心して任せることのできるおすすめのディベロッパーを厳選、収益性やサポート体制などを比較しています。ぜひ、パートナー選び参考にしてください。

マンションの土地活用で
オススメの
建築会社を比較

マンションの土地活用でオススメの建築会社リスト

朝日建設

神奈川で地域密着・実績豊富な建築会社

戸建住宅から商業施設までさまざまな建築を手がける会社。賃貸マンションも、本社のある相模原市を中心に神奈川県・東京都で多数手がけています。

旭化成ホームズ

「へーベルメゾン」ブランドの高品質マンション

耐震性・耐火性・遮音性に優れた賃貸マンションを提供。マーケティングリサーチから資金計画、相続税の試算まで土地活用に関するコンサルティングも定評です。

クラスト

管理費無料・収益性の高いマンション経営を実現

入居者管理、建物メンテナンスなど管理を無料で提供。十分な管理を受けながら、家賃収入がそのまま手に入るため、収益性は抜群です。入居率の高い物件も魅力。

スターツCAM

スターツグループがオーナーを全面バックアップ

スターツグループで土地管理専門の会社。入居者募集はピタットハウス、管理業務はスターツアメニティーなど、グループ会社が一丸となってオーナーを支援します。

生和コーポレーション

老舗の土地活用会社・最長35年の一括借上げ

1971年の創業時より、賃貸経営の物件を専門に扱う会社です。竣工マンションの総戸数は85,000戸、管理棟数3,900棟と実績が豊富。狭小地・変形地も実績があります。

積水ハウス

低層賃貸マンションブランド「シャーメゾン」

戸建住宅の技術やノウハウを活用した、低層賃貸マンションが得意。デザインや工法なども人気があり、高い入居率を誇る賃貸マンションを提供してくれます。

大東建託

低層から高層まで多様な賃貸マンションを提供

不動産仲介と建物管理に特化したディベロッパー。多様な賃貸物件に対応できるほか、社内には税理士やFPも在籍。金融資産を含めトータルでコンサルティングしてくれます。

東建コーポレーション

入居率98.5%・高い実績を誇る土地活用会社

土地活用やマンション経営のリーディングカンパニーである東建コーポレーション。築10年までの物件について、空室期間が2カ月以上になった場合、家賃の95%を保証するサブリースも魅力。

パナホーム

パナソニック設備・太陽光発電の収益も期待

賃貸マンション、高齢者向け住宅、定期借地など多様な土地活用を提案してくれます。物件の屋根にソーラーパネルを設置し、売電による収益も期待。

大和ハウス工業

地震に強いオリジナル躯体で耐震性を強化

重量鉄骨と軽量鉄骨を組み合わせた独自開発の躯体構造で、耐震性に優れた賃貸マンションを提供。床構造も遮音性に優れており、他社との差別化を図っています。

マンション管理などサポート体制が充実している建築会社を選ぶなら»

マンション経営と他の土地活用方法の
メリット・デメリット比較

土地活用の方法には、マンション経営以外にもいくつかあります。ここで、代表的な土地活用法のメリット・デメリットについて、マンション経営と比較しました。

マンション
経営

詳細を見る

収益性

メリット 駐車場経営に比べれば、比較的高い家賃収入が得られる。

デメリット 商業施設経営に比べると、家賃収入のほうが少ない(テナント料のほうが高い)

安定性

メリット 立地的に賃貸ニーズの多い環境であれば、安定した収益が得られる。

デメリット ニーズが少ない土地だと空室が続き、家賃収入が得られない。

節税効果

メリット 固定資産税や相続税などで節税効果が期待できる。

デメリット 空室が多い物件だと、マンション経営の実態がないと見なされ、節税できないこともある。

駐車場
経営

詳細を見る

収益性

メリット 建物を建築する必要がなく、駐車スペースの区割りをするだけで始められる。

デメリット マンション経営に比べると、コインパーキングも月極も収益は少ない。

安定性

メリット 月極の場合、満車になれば安定した収益が得られる。

デメリット 景気変動の影響を受けやすく、景気が後退すると月極もコインパーキングも収益が減る。

節税効果

メリット 特になし。

デメリット 節税効果はまったくない。

商業施設
経営

詳細を見る

収益性

メリット テナント1店あたりの収益が高く、マンション経営と比べると収益性は高い。

デメリット 建築費用が高いため、計画的な資金繰りをしないと経営困難になることもある。

安定性

メリット 駅前など立地環境がそろっているところであれば、安定した収益が見込める。

デメリット テナント店の経営状態に左右されやすく、競合店が周辺にできると撤退される場合がある。

節税効果

メリット オーナーがテナントビルを建てた場合には、建物の評価額を抑えられ、相続税の節税ができる

デメリット 第三者がテナントビルを建てた場合には、オーナーの節税効果はない。

定期借地

詳細を見る

収益性

メリット 土地を貸すだけで建物は第三者(借地人)が建てるので、建築コストは不要。

デメリット マンション経営と比べると、収益は少ない。

安定性

メリット 貸出期間中は空室リスクなど気にすることなく、地代収入が得られる。

デメリット 特になし。

節税効果

メリット 借地であっても、賃貸マンションを借地人が経営すれば、オーナーも節税ができる。

デメリット 借地人でなく、自分でマンション経営をしたほうが節税効果が大きくなる。

等価交換

詳細を見る

収益性

メリット 建物の建築費は実質不要。土地活用のプロが収益の最大化を提案してくれる。

デメリット 土地の一部を譲渡することになるため、自分でマンション経営するより収益は少ない。

安定性

メリット 建築業者が収益物件を建てれば、一定の収益が分配される。

デメリット 収益物件の空室が多いと、オーナーの収益も少なくなる。

節税効果

メリット 建築業者へ譲渡する際に譲渡所得税がかかるが、100%繰り延べることも可能。

デメリット 減価償却費が小さいため、所得税等の節税効果は小さくなる。

売却

詳細を見る

収益性

メリット 譲渡することでまとまった収益が得られる。

デメリット 売却せずに収益物件を建てた際の収益チャンスを失う。

安定性

メリット 特になし。

デメリット 特になし。

節税効果

メリット 固定資産税や都市計画税などを支払わなくて済む。

デメリット 多額の譲渡所得税がかかる。

マンション経営のよくある質問

マンション経営には多額の初期投資額が必要になるため、疑問がある場合にはできるだけ建築業者等に質問をして、不安をクリアにしてから事業を始めたいものです。

そこで、節税や契約、管理などマンション経営を検討されている方の多くが抱く質問について、ここで回答していきます。

一棟マンションのオーナー入門

一棟マンションのオーナーになる方なら、これだけは知っておきたいという基礎知識をまとめました。

オーナーの具体的な業務内容は?間取りやデザインなど、どんな物件を建てると空室リスクを抑えられるの?管理方法の種類は?…など、マンション経営の基本的な事項について説明します。

コンテンツ一覧
TOPへ戻る