賢く土地活用!マンション経営成功ガイド

~土地活用・マンション経営で安心・豊かな暮らしを~

マンション経営で土地活用する3つのメリット

マンション経営で土地活用しよう!

土地活用の手段として、最も一般的なのが賃貸マンション経営。土地をお持ちの方にとっては様々なメリットがある投資と言えます。

言うまでもないことですが、土地というのは手付かずのまま所有しているだけで一定の固定資産税と都市計画税(地方税)がかかってきます。逆に、賃貸マンション経営を行うと、以下のようなメリットが享受できます。

土地活用・マンション経営で成功したい方のためのサポート会社5選

メリット1「定期預金の20倍の高利回り」

株式や他の土地活用法に比べても、家賃収入による利回りはとても高いと注目されています。
例えば、定期預金は0.23%の低金利。仮に現金2,000万円を10年間定期預金したとしても、利息は年に46,600円にしかなりません。
一方2,000万円でマンションを購入し、仮に月80,000円の賃料で貸出した場合、年間の利息は960,000円となり、利回りは約4.8%となる計算になります。一棟マンションまるまるともなれば、より高額の収入が期待できます。

メリット2「節税対策にも効果的」

実は更地にマンションを建てると、1戸あたりの敷地面積が200㎡以下の場合、土地に対する固定資産税が1/6に、都市計画税が1/3になります。
さらに、相続税に対しても大きな節税効果が期待できます。相続・贈与の対象として、現金は額面、有価証券は時価に対して課税されるのに対し、不動産の場合は時価の1/2~1/3程度が課税の対象に。
また、公務員やサラリーマンの方がマンション経営をしている場合、不動産所得として確定申告するので、給与所得と一緒に、住民税の減額や所得税の還付を受けることができます。

メリット3「生命保険の代用になる」

住宅ローンに付帯する団体信用生命保険に加入すると、オーナーが亡くなってしまった場合、残りのローンが保険で返済されるため、遺族の方に完済したマンションを残すことができます。月々の収入は変わらず入りますし、売却することも可能なので、ご家族に安定した収入源をのこしてあげられることになります。

マンション経営で土地活用したオーナーの声

以上の通り、賃貸マンション経営には大きなメリットがあります。では、そのメリットを実際に得ることができた、先輩オーナー達のコメントを見ていきましょう。

Tさん 鉄筋3階建て1LDK×15部屋

市街化調整区域に所有していた農地を、宅地化に合わせ鉄筋3階建て15部屋のマンションにしました。当初はコストや収益に不安もありましたが、営業担当者さんの丁寧な説明や、建物の管理システムの良さが分かり、これなら自分にも始められそうだと感じました。

Hさん 鉄筋4階建て1LDK×16部屋

70歳近くなり、かつて自営していた工場の跡地をマンションにしました。高速道路の建設や区画整理等、街がかわりつつあり、入居も見込めると感じたからです。
現在では、安定した収入がある上、息子への相続もできるため、安心しています。

Wさん 鉄筋3階建て1LDK×9部屋

市街化が進む環境変化を踏まえ、先祖が残してくれた畑を有効活用しようと思い立ちました。
リーマンショック直後で決断に勇気が要りましたが、よいパートナー会社と巡り会え、現在の入居率はほぼ100%に近い状態をキープしています。農地だったため固定資産税の負担もなくなり、老後の不安も解消されました。

先輩オーナーが選んだサポート会社をチェック>>

土地活用・マンション経営で最も重要なのは…

以上の通り、賃貸経営には大きなメリットもありますが、その反面リスクも当然ながらあります。一番心配なのが、事前に想定した通りに家賃収入が得られず、ローン返済に支障をきたすことでしょう。

そうならないために重要なのは、ズバリ「信頼でき実績のあるパートナー会社選び」につきるのです。
例えば、「世間的に知名度の高い大手を選べばいい」という考えは安直です。むしろ大手企業ほど、オーナーの収益より自社の利益を優先すると言ったら大げさですが、それに近いことも実際に起こっており、後悔しているオーナーも決して少なくありません。

そこで、本サイトでは主な土地活用会社の特徴を掘り下げ、比較ランキングをご紹介するとともに、賃貸マンション経営に関する基礎知識なども取りまとめてみました。まずはご一読いただき、経営成功への第一歩として役立てていただければ幸いです。

土地活用・マンション経営におすすめの会社5選

 
賢く土地活用!マンション経営成功ガイド