TOP » マンションの土地活用でオススメの建築会社比較 » 旭化成ホームズ

旭化成ホームズ

旭化成グループで建築や土地活用を手がける旭化成ホームズについて、賃貸マンションの特徴やオーナーへのサポート体制などをまとめています。

ヘーベルメゾンでおなじみ「旭化成ホームズ」の特徴

旭化成ホームズ株式会社公式サイト
引用元:旭化成ホームズ株式会社公式サイト
(http://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/)

旭化成ホームズが手がける戸建住宅は「ヘーベルハウス」、賃貸マンションは「ヘーベルメゾン」というブランドで知られています。

「ヘーベル」とは、ドイツのヘーベル社から来ており、ALCコンクリート(軽量気泡コンクリート)という高性能建材を用いた住まいに付けられています。

このALCコンクリートと、独自の躯体を組み合わせることにより、耐震性・耐火性・遮音性に優れ60年も耐えられる賃貸マンションを実現できるとしています。

また、旭化成では独自開発の断熱材「高性能断熱材ネオマフォーム」や、次世代省エネルギー基準をクリアする「ヘーベルシェルタードダブル断熱構法」により、断熱性の高い快適な居住空間を実現。居住者の光熱費を抑えられることも、周辺物件との差別化につながることでしょう。

なお、大規模マンションの実績が多いためか棟数としては年に数棟ほどで、それほど多いとはいえないようです。

土地活用をトータルプランニング

土地活用に関するコンサルティングも、旭化成ホームズの強みの一つです。

オーナーが所有する土地における「市場ニーズ」「敷地条件」「資金計画」の観点からシミュレーションを行い、もっとも適した活用法をコンサルティングが提案。さらに、税務、法律面からも分析し、相続税の試算まで提示してくれるといった土地診断を実施しています。

マンション経営だけでなく、多角的に土地活用を検討したいという方なら、ぜひ活用したいサービスですね。

10年は賃料固定の一括借上げ制度

旭化成ホームズのグループ会社である旭化成不動産レジデンスでは、30年間一括借上げサービスを提供しています。

管理業務の内容ですが、入居者募集から入退去手続、物件管理、メンテナンスといった管理業務も、こちらが代行しています。

オーナーにとっていちばんのメリットは、10年間の賃料を据え置く固定型であるという点。

一般的に、30年一括借上げとうたっている会社では、おおよそ2年おきに賃料見直しを行うため、収支計画に影響が出るケースもあります。

しかし旭化成ホームズでは、築後10年間の賃料は一切見直しをしないとのこと。10年間の安定収入は約束されています。

ただし、11年目の賃料の見直しでは大幅に下がる恐れもありますので、これまでの実績を踏まえての資産シミュレーションを行ってもらうことをおすすめします。

なお、対応エリアは全国ではなく関東や東海、近畿地方などに限られています。詳しくはホームページ等でご確認ください。

こうしたサポート面における管理費用をはじめ、建物やプラン内容も収益に大きな影響を及ぼしますので、トータルで考慮し会社を選ぶようにしましょう。

土地活用でサポートが特徴的な建築会社を比較する»

旭化成ホームズの会社概要

会社名 旭化成ホームズ株式会社
住所 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
設立 1972年
営業エリア 首都圏・近畿圏・東海エリア
マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る