TOP » マンションの土地活用でオススメの建築会社比較 » 生和コーポレーション

生和コーポレーション

賃貸マンション・アパートから店舗オフィスビルまで、多様な土地活用に対応する生和コーポレーションについて、サポート体制や、建築するマンションの構造・プランなどを紹介します。

土地活用の老舗「生和コーポレーション」の特徴

生和コーポレーション株式会社公式サイト
引用元:生和コーポレーション株式会社公式サイト
(https://www.seiwa-stss.jp/)

生和コーポレーションは、賃貸経営向け物件の建設を手がける大手のなかでは老舗であり、土地活用事業に一早く着目した会社と言えるでしょう。

グループには不動産仲介やビル管理など賃貸経営に欠かせない会社も擁しており、土地活用大手としての風格が見受けられます。

実績も豊富で、これまで竣工した賃貸マンションのトータル世帯数は85,000戸、管理棟数も3,900棟を超えるそうです(2017年9月現在)。

会社選びで実績を最優先される方であれば、生和コーポレーションは間違いないといえるでしょう。

最新工法で戸数&家賃収入がアップ

生和コーポレーションでは、2016年度の賃貸マンションにおける延床面積が業界No.1であったと宣伝しています。

これは、3階建て以上のマンションを多く手がけるほか、狭小地や変形地における土地活用にも対応できることを意味しています。

ここで特筆すべき点として、企画商品の賃貸マンションブランド「FACE(フェイス)」を紹介しましょう。

このブランドでは、低層住居専用地域のように高さ制限で3階建てしか建てられないエリアでも、4階建てを実現するマンションです。

これを実現するため、同社では「壁式鉄筋コンクリート構造逆梁工法」というオリジナル工法を採用しています。

1フロア多くなることで戸数が増えることから、家賃収入も約30%アップするとうたっています。

24時間管理&最長35年の一括借上げ

管理体制も、オーナーのマンション経営をバックアップしてくれます。

入居者募集から物件管理、メンテナンス・修繕などもワンストップで対応。24時間体制で入居者のサポートもしてくれます。

また、「FG35」と呼称しているサブリースシステムでは、オーナーが金融機関から受けている融資期間に応じて最長35年間、家賃の90%が保証されます。

だだし、他の一括借上げと同様に、借上げ条件は2年ごとに更新となるので、慎重に収支計画を検討しましょう。

長いマンション経営をトータルで考えると、管理面におけるランニングコストも収益に大きな影響を与えます。

魅力的な物件やプランのある会社を選ぶことも大切ですが、長い目で考えて収益を最大化できる会社を選ぶほうが重要でしょう。

土地活用でサポートが特徴的な建築会社を比較する»

生和コーポレーションの会社概要

会社名 生和コーポレーション株式会社
住所 西日本本社 大阪府大阪市福島区福島5-8-1
東日本本社 東京都千代田区神田淡路町1-3
設立 1971年
営業エリア 近畿圏・首都圏・名古屋・福岡
許可登録 国土交通大臣許可(特-27)第23920号
国土交通大臣許可(特-27)第26070号
宅地建物取引業・国土交通大臣(2)第8110号
宅地建物取引業・国土交通大臣(1)第8932号
マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る