TOP » マンションの土地活用でオススメの建築会社比較 » 東建コーポレーション

東建コーポレーション

賃貸マンションなどで土地活用をサポートする大手企業、東建コーポレーションのサポート体制や建築する物件の工法などについてまとめています。

木造からRCまで「東建コーポレーション」の特徴

東建コーポレーション株式会社公式サイト
引用元:東建コーポレーション株式会社公式サイト
(http://www.token.co.jp/)

名古屋に本社を置く東建コーポレーションは、土地活用・マンション経営を行う大手企業です。

手がける建物は賃貸向け物件がメインのため、一般の方にあまり馴染みがないかもしれませんが、賃貸物件の仲介を行う「ホームメイト」は、東建コーポレーションのグループ会社として認知度は高いと思います。

近年では少子高齢化の時勢を踏まえ、バリアフリー化を施した「シェルル」シリーズをはじめ、いくつものブランドを有しています。

これらの建物は同社オリジナルのベースプランを基に、立地や敷地面積、地域特性、オーナーの意向などを鑑みながら、細部の仕様を詰めていくというシステムとなっています。

賃貸マンションにおける建築実績についての記載は、公式サイト上には見当たりませんでしたが、入居率は98.5%(2017年)という数字を誇っており、この点でも高いポテンシャルがあると見受けられます。

空室リスクに不安がある方は、東建コーポレーションを選ぶのも一手かもしれません。

地震に強い「制震+高耐震」マンション

東建コーポレーションが土地活用の手段として手がける賃貸マンションは、木造2階建てのアパートから軽鉄骨造の耐震2階建てアパート、重量鉄骨造の中層マンション、そしてRC造の中高層マンションにまで及んでいます。

名古屋に本社を置く会社のためか、いずれの物件も「地震に強い」ことが大きな特徴です。

先述した「シェルル」シリーズの場合、独自開発の制震フレームや高耐力フレームを用いることで、震度6程度の揺れが襲っても建物内は震度4程度へ低減させるといった構造を採用しています。

また、「アウトウォール工法」という耐震性を高める工法により、ローコストで地震に強い集合住宅も提供しています。

30年一括借上げ

入居者募集や建物のメンテナンス管理といった管理業務について、東建コーポレーションでは一括借上げ(同社では『サブリース経営代行システム』と呼称)を実施しています。

ただし、公式のHPでは一括借上げについて詳細が記載されていませんでした。一括借上げのようなシステムは一見すると魅力的ですが、マンション経営は事業だということ忘れないでください。安易に管理を任せるのは失敗の原因になります。

利用する際は借上げ条件などをよく確認し、そのうえで、建物やプラン、サポート内容も考慮したうえで、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

土地活用でサポートが特徴的な建築会社を比較する»

施工事例

施工事例をみていきましょう。

高耐震+制振性能を備えたシェルル・ロココモダンX

東建コーポレーションが独自に開発した特許技術「制振フレーム」と、ローコストで耐震性を高めるための技術として開発された「アウトウォール工法」の2つの技術を取り入れたシェルル・ロココモダンXは、東建コーポレーションの高耐震重軽量鉄骨造の集合住宅です。同社のウェブサイトでは、千葉県・埼玉県・愛媛県などの施工事例が掲載されています。外壁はツートンカラーのモダンなデザインで、街の景観づくりにも大きく貢献。耐震等級3という付加価値は、土地活用でマンション経営を考える方にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

次世代型バリアフリー賃貸マンション・RCユニヴァリィ・マリン

高齢化が進む日本において、バリアフリーデザインの賃貸マンションは今後ますますニーズが高まると予想されます。

そんな中、東建コーポレーションでは、鉄骨RC造の賃貸マンションについて、物理的バリアフリーだけでなく、見守りや緊急対応システムなどを取り入れた制度的・心理的・社会的バリアフリーにまで配慮した次世代型バリアフリー賃貸マンション・RCユニヴァリィ・マリンを開発。オプションで高齢者等配慮対策等級3も取得できる物件となっています。愛知県内に施工事例があり、いずれも同社ウェブサイトから確認できます。

次世代型バリアフリー賃貸マンション・RCユニヴァリィ・マリン

高齢化が進む日本において、バリアフリーデザインの賃貸マンションは今後ますますニーズが高まると予想されます。

そんな中、東建コーポレーションでは、鉄骨RC造の賃貸マンションツィテ、物理的バリアフリーだけでなく、見守りや緊急対応システムなどを取り入れた制度的・心理的・社会的バリアフリーにまで配慮した次世代型バリアフリー賃貸マンション・RCユニヴァリィ・マリンを開発。オプションで高齢者等配慮対策等級3も取得できる物件となっています。愛知県内に施工事例があり、いずれも同社ウェブサイトから確認できます。

東建コーポレーションの口コミ・評判

東建コーポレーションの口コミ・評判をみていきましょう。

中堅ならではの良さはあるが…

全国規模で展開しているスケールメリットから、中堅ならではの良さとして、商品の選択肢の豊富さはあると思います。ただ、あたる担当者さんによって対応に差があるのでなんとも言えません。東建コーポレーション自体が取り扱っている物件数も多いので、一人のオーナーに対して、時間をかけて対応するという姿勢は少し足りないように感じました。

窓口一つで対応してもらえるのがいい

それなりにマーケット調査なども行っているのでしょう。バリアフリーや耐震性など時代のニーズを汲み取ったと感じさせられる商品ラインナップの展開があるのはさすがです。私が東建コーポレーションにお願いした理由としては、それ以上に窓口が1つで済むという簡便さでしょうか。

例えば、保証システムとして、30年一括借り上げの家賃保証をつけてもらえたり、事前に審査をきちんとしてもらえる点などは好感が持てます。マンション管理やらリフォームやらもこちらにお任せできるので、業者探しが面倒くさいという人には向いているでしょう。

ただ、東建コーポレーションの魅力として入居率が高いと言われたものの、それほど期待できる数字になっていないのが気になるところ。まだ完成したばかりなのでなんとも言えませんが、これで業界最高水準だとしたら、他の会社に依頼すると完全に赤字だな、と感じています。

以前お願いしていた会社との違いに愕然

先祖代々の土地を有効利用しようと、10年ほど前もアパートを経営していました。駅から近いということもあり、東建さんに相談したらマンションにした方が、リターンも大きいとアドバイスしてもらえまして、今回マンション経営をしようと思いました。

今までの建物の取り壊しから、マンション経営の最新のノウハウなどを説明してもらう中で、これまでお願いしていた仲介業者との違いに愕然。というのも、以前依頼していた会社はかなりどんぶり勘定というか、適当な提案だったのだな、と感じられたからです。

多少、完成後の管理サポートについては改善の余地があるかな、と感じていますが、ここまでは概ね満足と言えるでしょう。

長期的にお付き合いしていく中で、今感じている管理サポート面でのラフさは心配なところ。もし検討するなら、長年東建さんとお付き合いのあるオーナーさんの声を参考にしたほうがいいのではないでしょうか。

東建コーポレーションの会社概要

会社名 東建コーポレーション株式会社
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2-1-33 東建本社丸の内ビル
設立 1974年
営業エリア 全国
許可登録 国土交通大臣(特-28)8469号
国土交通大臣(10)3058号
マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る