~土地活用・マンション経営で安心・豊かな暮らしを~

HOME » マンションの土地活用でオススメの専門会社比較 » 東建コーポレーション

東建コーポレーション

賃貸マンションなどで土地活用をサポートする大手企業、東建コーポレーションのサポート体制や建築する物件の工法などについて述べていきたいと思います。

東建コーポレーションの評判はどう?おすすめサポート会社比較

木造、鉄骨、RCすべてに対応する土地活用の大手

東建コーポレーション

同社は土地活用・マンション経営を行う企業のなかでも大手のひとつであり、35年を超える歴史を持っています。手がけているのは基本的に賃貸向け物件となっているため、一般的な一戸建て住宅を求める方には知名度が低いかもしれませんが、プロゴルフトーナメントの冠スポンサーを務めるなどの活動も行なっています。

一般の方に馴染み深いのは、むしろグループ内で賃貸物件の仲介サービスを行なっている「ホームメイト」の方でしょう。若手女優さんを起用したテレビCMでお馴染みですね。

大手だけあり、同社が土地活用の手段として手がける賃貸マンションは木造2階建てのアパートから、軽鉄骨造の耐震2階建てアパート、重量鉄骨造の中層マンション、そしてRC造の中層~高層マンションにまで及んでいます。また近年では少子高齢化の時勢を踏まえ、バリアフリー化を施したアパートやマンションもラインアップに加えています。

いずれも同社オリジナルのベースプランを基に、立地や敷地面積、地域特性、オーナーの意向などを鑑みながら、細部の仕様を詰めていくというシステムとなっています。

独自に「30年間満室家賃の70%保証」を実施

同社では賃貸経営サポートとして、一括借り上げ(同社では『サブリース経営代行システム』と呼称)を実施していますが、その方式に独自性が見られます。

まずは契約時に設定する、全戸・満室分の家賃・駐車場料金の70%を30年間に渡って保証するという点。また新築後10年までは入居者が退去後2ヶ月空室となった場合は家賃の95%を保証。さらに家賃滞納の場合でも、家賃の95%が支払保証という内容です。

つまり厳密に言えば一括借り上げとは異なりますが、一括借り上げに多く見られる「2年ごとの条件見直し」がないため、オーナーのローン返済が滞らないように配慮されていると見受けられます。もちろん建物や入居者の管理・毎月の家賃の入出金業務・保証金(敷金)の退去精算業務、などは有償により受けられるようになっています。

入居の募集仲介に関しても、前述の通りグループ内にホームメイトを擁しており、そのネットワークを駆使したサポートが受けられます。

入居率は94.8%(2012年4月期、第一四半期)という数字を誇っており、この点でも高いポテンシャルがあると見受けられます。

東建コーポレーションの会社概要

会社名 東建コーポレーション株式会社
住所 名古屋市中区丸の内2-1-33 東建本社丸の内ビル
設立 1974年
営業エリア 全国
許可登録 国土交通大臣(特-23)8469号
国土交通大臣(9)3058号
 
賢く土地活用!マンション経営成功ガイド