TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営の特徴やメリットとデメリットについて、まとめています。

マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営のメリット

マンション経営のいちばんのメリットは、安定した家賃収入を得られることでしょう。

立地が良く、建物もしっかり管理していれば空室リスクを抑えられ、新築なら5%前後、中古なら10%近くにもなる高い利回りも期待できます。

また、更地や駐車場経営などと比べると、固定資産税や都市計画税、相続税といった点で節税効果が現れる点においてもマンション経営のメリットといえます。

マンション経営のデメリット

一方のデメリットは、初期費用が多くかかること。ワンルームマンションの一室を購入するなら数百万円くらいで済みますが、一棟買いになると億単位の資金が必要になることもあります。

また、運営時にも建物の維持管理にコストがかかりますし、空室になると家賃収入が得られないという点もデメリットといえます。

管理会社選びが安定収入のカギ

マンション経営は、長期的な安定収入が期待できて、節税効果が高く、比較的多くのエリアで経営可能であることから、もっともポピュラーな土地活用の方法といえます。

とりわけ節税に関しては、世の中にあるさまざまな投資商品のなかで不動産投資が唯一受けられる待遇です。

相続税対策や安定した収益を求めたいという方には、もってこいの投資手段といえるでしょう。

一方で、デメリットに関しては信頼できる管理会社を選ぶことによって、ある程度は回避できます。

初期投資額はある程度の頭金を用意することが求められますが、それよりも建物のメンテナンス管理はしっかり行いたいところ。入居希望者に選ばれる物件を保ち続けることが、空室リスクの抑制と安定収入につながるわけです。

こうした管理は、管理会社のサポートサービスやプランによっても異なり、収益性にも大きな影響を与えますので、慎重に選ぶように心がけましょう。

また、マンション経営は初めてという方にとっては、物件選びから管理面まで一括で提案してくれるような会社を選ぶことが、成功のポイントといえるでしょう。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る