TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » コインランドリー経営のメリットは?

コインランドリー経営のメリットは?

土地活用方法のひとつとしてコインランドリーの経営も挙げられます。コインランドリーの経営にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく解説いたします。

コインランドリー経営とは

コインランドリー経営とは、所有する土地にコインランドリーを建設して収益を得る土地活用方法のこと。コインランドリーの市場規模が拡大しているので、注目の土地活用方法といわれています。

コインランドリーのメリット

コインランドリーの経営には次のメリットなどがあります。

ランニングコストが掛からない

基本的に、無人で営業するので人件費はほとんど掛かりません。また、経年で建物が劣化しても、きちんと手入れさえしていれば経営に大きな影響はありません。よって、マンションなどに比べてランニングコストは掛かりにくいといわれています。

景気動向に左右されづらい

生活に密着したビジネスなので景気動向に左右されづらい点も特徴です。共働き世帯の増加で、幅広い層に支持が広がりつつあります。安定した需要を見込めます。

大きな土地を必要としない

比較的、小さな土地でも営業を始められます。具体的には、20~30坪程度の土地+駐車場を確保できればコインランドリーを開業できます。マンションやコンビニに向いていない土地の活用方法に適しているといえるでしょう。

料金の滞納がない

利用する前に料金を支払うシステムなので、マンション経営などにつきものの料金の滞納がありません。もちろん、料金回収の手間も掛かりません。安定した経営を実現できます。

コインランドリーのデメリット

コインランドリーの経営にはデメリットもあります。どのようなデメリットが挙げられるのでしょうか。

イニシャルコストが高い

最初に押さえておきたいのが、イニシャルコストが高いことです。コインランドリーを開業するには、建物に加え洗濯機・乾燥機・両替機・防犯設備などが必要です。また、必要に応じて駐車場も用意しなければなりません。機器をリースにしてイニシャルコストを抑えることは可能ですが、それなりの費用は掛かります。

急激な売り上げ増は望みにくい

じわじわとリピーターを確保していくことで売り上げを伸ばしていくビジネスなので、急激に売り上げが増えることは基本的にありません。地道な営業活動などが必要になります。

立地条件

コインランドリーは立地条件をあまり問わないといわれていますが、完全に無視できるわけではありません。周辺地域に需要がなければ軌道に乗せることは難しいといえるでしょう。近くに住宅街がない土地・目立ちにくい土地・駐車場を確保できない土地はコインランドリーに適していないかもしれません。

業態転換しづらい

洗濯機や乾燥機など大型の機器を複数導入するので、売り上げが悪くても業態転換はしづらくなります。駐車場などに比べると、融通はききづらいといえます。

個人経営場と大手のフランチャイズ経営の違い

コインランドリーは、個人で経営すること、大手フランチャイズに加盟して経営することができます。

個人で経営するメリットは、フランチャイズ加盟金などを払わなくてよいこと。対するデメリットは、自分で商圏調査や機器の導入、防犯システムの導入などを行わなくてはならないことです。経営の自由度は上がりますが、フランチャイズで経営する場合と比べて負担は増します。

フランチャイズで経営する場合のメリットは、商圏調査や機器の導入などを本部に任せられること。具体的なサポート内容は加盟するフランチャイズチェーンにより異なりますが、個人で経営するよりも負担は減ります。対するデメリットは、フランチャイズ加盟金やロイヤリティを納めなければならないことです。

両者には以上の違いがあります。優劣はないので、自分に合っている方法を選択すると良いでしょう。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る