TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » VS 高齢者向け住宅経営

VS 高齢者向け住宅経営

介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなど、介護事業者と連携した土地活用である高齢者向け住宅経営について、メリットやデメリットなどを紹介します。

高齢者向け住宅経営のメリット・デメリット

高齢者向け住宅経営のメリット

高齢者向け住宅は、比較的に収益性が高いことがメリットとして挙げられます。

マンション経営の場合、設備修繕費用はオーナーが支払うことになりますが、介護付き有料老人ホームなどの場合は運営事業者が負担するケースがほとんどのため、オーナーの支出は少なくなり、収益性が高くなります。

住宅型有料老人ホームだと、一般的な賃貸経営と同じく節税効果も期待できます。

また、社会貢献という点でもメリットといえるでしょう。事業内容によっては行政からの補助金も受けられます。

高齢者向け住宅経営のデメリット

高齢者向け住宅の施設は、建築する際に細かな規定が多く、自由に建築できない点がデメリットでしょう。

例えば、建物の広さ。通所介護(デイサービス)の施設は約70坪以上、住宅型有料老人ホームだと約600坪以上など、広い土地が必要になります。

そのうえで、介護運営事業者を見つけなければなりません。

高齢化社会により需要は見込める分野ですが、運営事業者は慢性的に不足しており、事業者探しのほうがハードルは高いかもしれません。

さらに、事業者を見つけ運営が始まったとしても中途解約がないとはいえません。

もし解約された場合、他への転用が厳しいのも高齢者向け住宅のデメリットといえるでしょう。

土地活用で成功したオーナーの声»

高齢者向け住宅経営の特徴

マンション経営と比べて、高齢者向け住宅は、土地や建物に関する規制が厳しいことが難点です。

また、補助金が受けられるケースもあるとはいえ、建築費用はマンションよりも高い傾向にあります。
とはいえ、まとまった広さの土地を持っている方であれば有効な土地活用ができます。

一般的な賃貸物件とは違い、駅からの距離など立地条件はそれほどシビアではありません。

やや郊外で自然が身近にあるような場所に広い土地を持っている方、利益よりも社会貢献を重視したい人、マンション経営以外にも土地活用で節税効果を期待したい方には、向いているといえそうです。

なお、郊外とはいえ利便性があまりに悪い土地だと、利用者の生活に支障が出てくる場合もありますので、個人商店やスーパーなどの商業施設、バス便などが確保できる地域が望ましいでしょう。

高齢者向け住宅経営 失敗&成功談

失敗談

Aさんの保有している土地は市街地から外れており、良い活用方法が思いつかなかったため高齢者住宅を建設。新築で、周辺よりも安いAさんの高齢者住宅は、すぐに満室経営になります。しかし、それをピークに、入居者は年々減り続け、ついに半分まで落ち込みます。ついには、デイサービスが撤退し、サービスの提供ができなくなり、Aさんの事業は止まってしまいました。詳細な原因は明かされていませんが、デイサービスのテナント料や利用料金設定、入居条件など高齢者住宅特有の原因があったと推測します。高齢者住宅のオーナーになるには通常のアパートやマンションとは違った経営力が必要になります。

成功談

Bさんは所有している土地にアパートを建てること検討しましたが、若者が減り高齢者が増え続けている現状を考えると、入居者が埋まるとは思えませんでした。そこで、父親を介護施設に入れたいと考えた時、どこの施設も満室で入所が困難な地域であると感じた経験を活かし、介護施設を建設することにしました。その結果、満室経営に成功しました。これは地域の特性を考慮したことによる成功例ではないでしょうか。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る