TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » 戸建貸家のメリット・デメリット

戸建貸家のメリット・デメリット

マンション以外の土地活用の選択肢として検討したいのが戸建貸家。戸建貸家には、「供給量が少ない」「出口戦略を建てやすい」などのメリットと、「空室期間が長くなる恐れがある」「オーナー負担の費用がある」などのデメリットがあります。以上のメリット・デメリットについて詳しく解説します。土地活用方法を検討中の方は参考にしてください。

戸建貸家とは

戸建貸家とは、一戸建てを貸し出すこと。集合住宅内の一部屋ではなく一戸建てを貸し出す点が、マンション経営やアパート経営と異なります。貸し出す物件が異なるので特徴も異なります。

例えば、主なターゲットになるのは一人暮らしやカップルではなくファミリーです。安定した生活を送る層が主なターゲットなので、マンションやアパートに比べ賃貸期間が長期化しやすいといわれています。

戸建貸家オーナーの主な仕事は、入居者の募集・家賃の集金管理・入居者の管理・退去立ち合い・部屋の修繕などです。これらの仕事は、不動産管理会社へ委託することができます。

戸建貸家のメリット

戸建貸家には、次のメリットがあります。詳細を見ていきましょう。

供給量が少ない

戸建貸家の大きなメリットとして挙げられるのが、賃貸マンションや賃貸アパートに比べ供給量が少ないことです。ライバルの賃貸物件と差別化できる点が魅力といえるでしょう。

マンションやアパートではなく、戸建てに住みたいと考える方がいる点も見逃せません。戸建てには隣家を気にせず過ごせる、間取りがゆったりしているなどのメリットがあります。これらに魅力を感じる方は、戸建てを選ぶ傾向があるようです。

供給量が少ないうえ一定の需要を見込めるので、魅力的な土地活用になるかもしれません。

出口戦略が立てやすい

土地活用方法として検討する場合、出口戦略を描きやすい点もメリットして挙げられます。出口戦略を描きやすい理由は、マンションやアパートに比べ売却しやすいから。一戸建ては中古住宅として売却できるので、投資家のほか一般人も買主になり得ます。

見込み客が多いため、マンションやアパートに比べ売却しやすいといえます。同様の理由で、売却期間が短くなりやすいともいえます。万が一、経営がうまくいかなかった時も、軌道修正を図りやすい土地活用方法といえるでしょう。

戸建貸家のデメリット

戸建貸家には、次のデメリットがあります。詳細を見ていきましょう。

空室期間が長くなってしまうリスク

戸建貸家のデメリットとして挙げられるのが、空室期間が長くなりやすいこと。空室期間が長くなる理由は、主なターゲットがファミリー層だから。安定した生活を送る層なので、引っ越しシーズンを逃すと入居者が決まりづらくなります。よって、空室期間が長くなりやすいのです。

空室の影響が大きい点も見逃せません。複数の物件から構成されるマンションやアパートの場合、空室が生じても他の部屋が埋まっていれば家賃収入がゼロになることはありません。戸建貸家の場合、空室が生じると家賃収入はゼロになってしまいます。

オーナー負担の費用がある

戸建貸家に限ったことではありませんが、オーナー負担の費用がある点も押さえておきたいデメリットです。オーナー負担の費用として建物や設備の修繕費などが挙げられます。

物件を使用した賃借人が支払うべきと考えるかもしれませんが、国土交通省のガイドラインによると通常の使用による損耗・毀損を復旧する費用を賃借人に請求することはできません。例えば、クロスが日焼けで変色している、家具を置いていたことでカーペットが凹んでいる、浴槽が古くなって汚れているなどの場合、修繕費はオーナー負担となります。

もちろん、修繕をしなくても構いませんが、手入れを怠っていると物件の価値が下がるだけでなく新しい入居者も見つけにくくなります。建てれば終わりではない点も戸建貸家のデメリットといえるでしょう。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る