TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » VS 駐車場経営

VS 駐車場経営

駐車場経営といっても、月極駐車場として運営するパターンもあれば、コインパーキングのような駐車場業者に貸し出すパターンもあります。

こうした駐車場経営のメリット・デメリットをみていきましょう。

駐車場経営のメリット・デメリット

駐車場経営のメリット

月極にせよコインパーキングにせよ、駐車場経営の一番のメリットは初期投資額が安く済むことです。

月極の場合、空いた土地を区画割りするだけで始められますし、コインパーキングも業者に貸し出せば整備から設備設置までやってくれます。

設備も少ないため、他の用途への転用もしやすいこともメリット。土地活用の一手を考えるあいだ、駐車場経営で収入を得ているオーナーも多いです。

駐車場経営のデメリット

一方で、デメリットは収益が乏しいこと。特にコインパーキングは収入が不安定ですし、マンション経営の家賃収入と比べても圧倒的に低くなります。

また、駐車場経営は景気変動の影響を受けやすく、立地によっては固定資産税や都市計画税などの税額よりも収益が少ないというケースもあるようです。

駐車場は更地と同様ですから、マンション経営のような税制面での優遇処置はなく、税金が高くなることもデメリットといえるでしょう。

土地活用で成功したオーナーの声»

駐車場経営は次のステップの“つなぎ役”

駐車場経営は、狭小地や変形地のように建物が建てられない土地で収益を得るには適した土地活用です。

ただし、建物が建てられる土地においては、あまりメリットがない土地活用といえます。

何よりも、マンション経営と比べれば収益性の低さが一番のネック。実際に駐車場経営のオーナーには、固定資産税などの税金を差し引くと収益がほとんど残らないという方もたくさんいます。

駐車場経営だけで高い収益を得るのは、かなり至難の業だといえそうです。

将来を見越して転用しやすい形で土地活用したい方や、売却候補先があって売れるまでのつなぎとして運用したい方など、別の土地活用を考えるまでの一時的な手段として運用する場合には向いている土地活用といえます。

駐車場経営 失敗&成功談

失敗談

Aさんの経営していた駐車場の近くに大型ショッピングモールが建設され駐車場の需要がモールに取られてしまいました。これをきっかけに、周辺の駐車場で価格競争が激化。Aさんの駐車場も当初の3割減で金額設定をせざるを得ない状況になりました。Aさんは価格競争に心労が募り経営を断念することになりました。

成功談

Bさんはモデルルームとしてハウスメーカーに土地を貸していましたが、モデルルームが閉鎖してしまい遊休地になっていました。Bさんは短期的な有効活用に向いている駐車場にすることを決め運営を開始、モデルルーム時と比べると収入は少なくなってしまいましたが、毎月安定した賃料が入ってくることで、次のテナントを募集する際に条件を下げなくてもよい経済状況になりました。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る