TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » VS 定期借地

VS 定期借地

定期借地とは、所有する土地を一定期間貸し出して地代収入を得る土地活用です。定期借地によるメリット・デメリットを紹介します。

定期借地のメリット・デメリット

定期借地のメリット

定期借地のメリットは、安定した地代収入が得られることです。

貸出期間中は、毎年(あるいは月々)一定の収益が得られます。

なお貸出期間は、事業用定期借地権の場合は10年以上50年未満、一般定期借地権だと50年以上となっており、期間満了後は更地にして返却されます。

つまり、借地に建物を建てるのは借地人ですから、オーナーは建物の建築コストを負担することもなく更地で貸し出し、期間満了後は更地の状態で返還されるのが、定期借地の魅力でしょう。

定期借地のデメリット

貸出期間中、オーナーは借地を自由に使うことができません。

事業用定期借地権で最低10年、一般定期借地権だと最低50年、自分の土地でも転用できないのがデメリットといえるでしょう。

加えて、収益性は意外と低いという点もデメリットです。

一般的に、定期借地の年間地代は土地価格の1%前後といわれています。

もし、2,000万円の土地を貸し出した場合、年間の地代は20万円程度にしかなりません。

なお、土地を貸し出す際には借地人から保証金(敷金)を受け取れますが、借地権満了時には返還するものですのでお忘れなく。

土地活用で成功したオーナーの声»

用途によっては節税も可能

定期借地は、短期間で収益を得ようと考えている方には向いていませんが、例えば遠方地に自分で使う予定のない土地を持っている方などには向いている土地活用法でしょう。

また、定期借地も借地人の用途によっては節税効果が期待できます。

例えば、借地人が居住用の収益物件を建てて運用する場合、貸地であっても固定資産税の課税標準は6分の1になります(200平米を超える部分は3分の1)。

また相続税についても、居住用の収益物件だと評価額が下がるため軽減されます。

だとすれば、地代による収入は家賃に比べると圧倒的に低いわけですから、わざわざ人に貸し出さずに自分でマンション経営をしたほうが利益率は高いのです。

定期借地のオーナーには、収益が低いわりに自由に使えず、相続税の負担だけが頭痛の種となって悩んでいる方も多いのが現実のようです。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る