TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » VS レンタルオフィス・貸会議室

VS レンタルオフィス・貸会議室

土地活用の選択肢として注目を集めつつある「レンタルオフィス・貸会議室」。レンタルオフィス・貸会議室とは、所有する物件を企業などに時間単位で貸し出すサービスです。具体的に、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく解説いたします。

レンタルオフィス・貸会議室経営のメリット・デメリット

一般的に、レンタルオフィス・貸会議室には以下のメリットとデメリットがあるといわれています。

レンタルオフィス・貸会議室経営のメリット

レンタルオフィス・貸会議室が注目を集めている理由は、働き方などの変化によりニーズが高まりつつあると考えられているから。

社会的な課題として挙げられている働き方改革やフリーランサーの増加、デバイスの発展などにより、場所を問わず働ける環境が整いつつあります。また、経費削減の影響で、会議室を構えない企業が増えています。あるいは、セキュリティ対策の一環で、社外の人間が簡単に入館できないビルも増えています。

これらの流れを受けて、会議や研修などを貸会議室などで行う企業が増加しているので、ニーズが高まりつつあると考えられているのです。

ビジネス用途以外の利用が見込める点も注目を集める理由として挙げられます。レンタルオフィス・貸会議室は、趣味の場などとしても活用されています。例えば、SNSのオフ会、個展の会場、習い事の会場などとしても利用されているのです。駅前に多く、必要最低限な設備を揃えているレンタルオフィス・貸会議室は、様々な目的で利用されているといえるでしょう。

以上の背景などから、レンタルオフィス・貸会議室ビジネスに追い風が吹いているといわれています。この点は、メリットのひとつということが出来ます。

初期投資をそれほど必要としない点もメリットとして挙げられます。すでに物件を所有している場合、机・椅子・ホワイトボード・ネット環境・プロジェクターなどを用意すればレンタルオフィス・貸会議室を始められます。お金が掛からないので、ワンルームマンションを借りてレンタルオフィス・貸会議室として貸し出している投資家もいます。手軽に始められる点は魅力です。

物件の質をそれほど問われない点もメリットといえます。ターゲットにより異なりますが、基本的にはマンションや商業施設などに比べ築年数や内装などはこだわらなくてよいとされています。ある程度、綺麗に保たれていればレンタルオフィス・貸会議室として利用できます。メンテナンスなどに費用が掛かりにくい点も魅力です。

以上のほかでは、リピーターを獲得しやすい点もメリットとして挙げられます。レンタルオフィス・貸会議室のユーザーは、自由に利用できる空間を所有していない会社員などです。定期的にレンタルオフィスや貸会議室が必要になります。レンタルオフィス・貸会議室探しに手間をかけたくない方が多いので、ニーズを満たせば固定客になる可能性が高いといわれています。軌道に乗れば、安定した収益を期待できるかもしれません。

ビルの一角を貸会議室にする場合は別のメリットもあります。ビルに設けた貸会議室は、不特定多数の方が集まる公共スペースとみなされることがあります。公共スペースとみなされることにより、総床面積を増やせる可能性も頭に入れておけるといいですね。テナントなどを増やせるので、この点も貸会議室のメリットといえます。

レンタルオフィス・貸会議室経営のデメリット

レンタルオフィス・貸会議室にはデメリットもあります。最も気を付けたいデメリットとして挙げられるのが、参入障壁が低いことです。初期投資をほとんど必要としないので、物件を借りて参入する投資家もいます。開業するエリアによっては、競争が激しくなる可能性があります。

ライバル業者と差別化しづらい点もデメリットとして挙げられます。もちろん、料金を高くして設備を充実する、ノマドワーカー向けのスペースを確保するなど差別化はできますが、ユーザーに響くかはわかりません。レンタルオフィス・貸会議室に多くを求めないユーザーが多い場合、料金だけで選ばれる可能性があります。

立地により、適している物件と適していない物件が、はっきり分かれる点も押さえておきたいポイントです。レンタルオフィス・貸会議室を利用する方は、何より利便性を重視します。駅から遠い物件などは、競争力が低くなります。反対に、駅から徒歩5分などの物件は、競争力が高くなります。このことから、レンタルオフィス・貸会議室に適している土地は限られているといえます。簡単に始めることはできますが、成否は立地条件から大きく影響を受けます。

物件を時間単位で貸し出すこともデメリットになり得ます。売り上げにムラが出やすいからです。安定した収入を確保するには、需要があり競合が少ないエリアに出店するなどの工夫が必要です。

以上のほかでは、景気の影響を受けやすい点にも注意が必要です。趣味の利用なども見込めますが、基本的にはビジネス用途が中心です。景気が悪くなり経費を削減されると、レンタルオフィス・貸会議室の利用は減ります。自分ではコントロールできない理由で、売り上げが落ち込む恐れがある点にも注意しましょう。

中小企業やSOHO向けレンタルオフィスで収益率UP

ンタルオフィス・貸会議室で収益率をアップしたい方は、中小企業やSOHOをターゲットにするとよいかもしれません。物件を小分けにした小さなオフィス・会議室を貸し出すことで収益率を高めることができます。また、売り上げの変動を小さくすることもできます。物件の質や立地エリアなどにより異なりますが、大手をターゲットにするよりも収益率を高められるはずです。

建物がない場合は需要を慎重に検討

レンタルオフィス・貸会議室に必要な投資額は、建物の有無で大きく異なります。すでに建物がある方は少ない投資額で始められますが、空いている土地に建物を建ててレンタルオフィス・貸会議室を始める方は、それなりの投資額になります。建物を建てて始めたい方は、投資額を回収できることを確認する必要があるといえるでしょう。

レンタルオフィス・貸会議室 失敗&成功談

レンタルオフィス・貸会議室の失敗&成功談をみていきましょう。

失敗談

手軽に始められるという理由だけで、ビルの一角を貸会議室にしたAさん。競合他社との差別化、需要などを無視して始めたので売り上げは安定しませんでした。競合他社の増加とともに売り上げはさらに低下。現在も部屋の再利用方法に頭を悩ませています。

成功談

所有していたビルの空き部屋を貸会議室にしたBさん。什器をレンタルして始めたので初期投資にほとんどお金をかけていません。空き部屋にしておくのはもったいないという理由で貸会議室にしたのですが、立地が良いせいか需要は旺盛。安定した収入を得られるまでになっています。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る