TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » シェアハウス経営のメリットは?

シェアハウス経営のメリットは?

土地活用でお悩みの方はシェアハウスに注目をするとよいかもしれません。若者を中心に人気を集めているからです。土地活用でシェアハウスを経営する際のメリット・デメリットを紹介します。

シェアハウスとは

シェアハウスとは、一つの住居を複数人で共用する物件のこと。通常は、プライバシーを確保できる個室で暮らしながら、リビング・キッチン・バスルーム・トイレなどを共用します。

入居者側のメリットは、通常の賃貸住宅より初期費用や家賃が安いこと。また、入居者同士で交流を図れる点も魅力として挙げられます。

他の賃貸物件とは差別化を図るため、様々な趣向を凝らしたシェハウスが登場しています。

シェアハウスのメリット

土地活用でシェアハウスを経営することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。続いて、経営者側のメリットを紹介します。

建築費を抑えながら総収入を増やせる

シェアハウスは、一般的なマンションなどに比べ建築費を抑えられるといわれています。各部屋に、浴室やキッチン、トイレなどを付ける必要がないからです。これらを必要としないので、各部屋の大きさは小さくなります。よって、一般的なマンションなどに比べ部屋数を増やせます。シェアハウスは、建築費を抑えながら総収入を増やすことができるのです。

空室リスクを管理しやすい

一戸建てをシェアハウスとして活用することもできます。シェハウスとして活用する場合、一人に貸し出すときより空室リスクを管理しやすくなります。一つの住宅を複数人に貸し出すからです。一人の住人が退去しても、家賃収入がゼロになることはありません。この点もシェアハウスのメリットといえるでしょう。

競合物件と差別化を図りやすい

一般的なマンションなどと異なるスタイルなので、競合物件と差別化を図りやすい点もメリットといえます。例えば、共用部分や設備にこだわって、特定の趣味を持った入居者を対象にしたシェアハウスにすることなどが可能です。あるいは、必要最低限の共有部分・設備にとどめて、家賃を大幅に安くすることなども可能です。独自色を出しやすいので、経営のしがいがある土地活用方法といえるかもしれません。

シェアハウスのデメリット

土地活用でシェアハウスを経営することにはデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

管理が難しい

最も大きなデメリットとして挙げられるのが、通常のマンションなどと比べて管理の難易度があがることです。

通常のマンションなどに比べ共用部分が多いので、シェアハウスの特徴を理解した管理が求められます。もちろん、入居者に共有部分の管理を任せることはできますが、管理が行き届かないと物件の魅力を損ねてしまいます。

入居者間のトラブルが起こりやすい点にも注意が必要です。交流を図りやすい分、人間関係は複雑になります。シェアハウス内の雰囲気が悪くなると、入居希望者が減ってしまうかもしれません。

シェアハウスには管理の難しさがあります。基本的に、管理は信頼できる管理会社に委託するほうが良いでしょう。

ターゲットが限定される

入居希望者が限定される点も押さえておかなくてはなりません。プライベートな空間は確保できますが、共同生活の側面があるので入居希望者は限定されます。限られた層に訴えかけるマーケティング戦略などが求められます。差別化を図りやすい点は、メリットにもデメリットにもなり得ます。

事業者に全て委託する場合と、管理のみを委託する場合の違い

シェアハウスは事業者に建築から管理まで委託すること、管理のみ委託することが可能です。

前者のメリットは、専門家のアドバイスを受けながら土地活用を始められる点。ただし、いわれるがまま進めることはオススメできません。事業者の思惑通りに集客できないことなどがあるからです。いくつかの事業者に相談し、リスクを把握しながら進めていくことが重要です。

後者のメリットはコストを管理しやすい点。今ある建物をリノベーションするケースなどでは、返済比率をグッと下げることも可能です。できるだけ少ない投資でシェアハウスを始めたいと考えている方にオススメの方法です。

いずれも、シェアハウスに精通した事業者に委託することが重要です。シェアハウスの経営には、通常の賃貸物件とは異なるノウハウが必要になるからです。この点には注意しましょう。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る