TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » 資材置き場(貨物)としての土地活用

資材置き場(貨物)としての土地活用

土地活用の一つとして、土地を資材置き場にする、という方法があります。どうやって土地を活用しようか…と迷ったときは、検討してみてはいかがでしょうか。資材置き場として土地活用をする場合のメリット・デメリットについて、ご紹介していきます。

資材置き場として行う土地活用って?

資材置き場で土地活用をする場合、土地をそのまま賃借人に貸すだけでOKです。土地に簡単な倉庫などを立て、資材を管理する場所として使用してもらいます。その近くで工事をしている業者は、遠くから資材を運んできても、保管する場所がなくて困っていることも多いです。

人が住む場所として土地を貸すわけではないため、求めている人がいればどんな場所でも、そしてどんな形の土地でも、取り組むことができる土地活用方法といえるでしょう。

資材置き場で土地活用をするメリット・デメリット

メリット

何も準備する必要がない

資材置き場として土地を貸す場合、特に用意することはありません。土地をそのまま貸すだけで良いため、初期投資はほとんど必要ないのが特徴です。土地をそのまま貸すだけ、そして返してもらうときもそのまま返ってくるだけ。とてもシンプルな土地活用方法です。また、整地もほとんどの場合で不要です。

広さ・立地は問わない

建物を建ててから人に貸すというような土地活用だと、立地や広さ、そして形も重要なポイントとなります。ある程度の広さがあり、ある程度形が整っていて、日当たりも良い場所であれば、建物を建てて人に貸す活用法が向いています。しかし、そうではない土地はどうでしょうか?せっかく建物を建てても、借りてくれる人がいないと土地活用はできません。資材置き場の場合、ある程度の広さが必要ですが、日当たりや形などにこだわることはほとんどないでしょう。

どんな土地であっても、資材置き場としてなら活用しやすいです。

デメリット

収益性は小さい

土地活用の中でも、資材置き場としての活用は収益性が小さいといわれています。やはり、貸し出すときの賃料は安くなってしまうからです。300平米ほどあっても、賃料は月に10万円ほどで貸し出している人が多いでしょう。もちろん需要と供給のバランスでも変化しますが、あまりに高い賃料の資材置き場は借り手が見つかりにくいです。とはいえ、初期投資が少なく整地をする必要もないので、その分収益性が小さくても十分、という考え方もできます。

税金が軽減されにくい

土地を所有している人には、固定資産税や都市計画税といった税金を支払う義務があります。土地に住居が建っていれば、固定資産税は最大6分の1になるのですが、資材置き場の場合は税金が軽減されません。税金だけでかなりの額が必要になることもあるため、利益を出したい、土地活用を本格的にしたいという人にはあまり向いていない活用方法です。

メリットとデメリットを比較!

資材置き場として土地活用をするとなると、初期投資もないから気軽で楽といったメリットもありますが、その分収益性は低かったり、税金が軽減されないといったデメリットもあります。大きな利益を出す方法ではないため、資材置き場として活用するべきかどうかは慎重に考えましょう。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る