TOP » マンション経営と他の土地活用方法のメリットデメリット比較 » VS トランクルーム経営

VS トランクルーム経営

土地活用の有効手段として、近年注目を集めるトランクルームには、大きく2つのタイプがあります。
一つは、更地にコンテナを並べたタイプ。主に郊外のエリアで見かけます。

もう一つが、マンションやテナントビルなどの一室をトランクルームとして活用するタイプで、都心部に多い形式です。

こうしたトランクルームのメリット・デメリットをみていきましょう。

トランクルーム経営のメリット・デメリット

トランクルーム経営のメリット

トランクルームを経営するいちばんのメリットは、伸びしろの大きい成長業界であることでしょう。

特に都市部では、自宅の収納スペースが狭くてトランクルームを活用しているという人がたくさんいます。

そのうえ、利回りが高いこともトランクルーム経営のメリット。コンテナを並べるタイプだと、更地にトランクルームを置けば始められますし、マンションなどの一室を使う場合も、空室が多い部屋の土地活用としても使えます。

立地環境を選ばない点も、有効な土地活用として注目を集める一因です。

トランクルーム経営のデメリット

トランクルームは、建築基準法によって用途地域の制限を受けることから、法的に設置できるところが決まっています。

検討される場合には、まず自身の所有する土地が設置可能か確認する必要があります。

また、マンションの一室で運営する場合、居住者以外の不特定多数の方が使用することになります。

このため、治安が悪くなりやすいというイメージがあり、マンション住民の入居率が下がるといったリスクも考えられます。

土地活用で成功したオーナーの声»

成長業界だが、税制面での特例はなし

トランクルームを経営できる土地は限られるものの、土地活用の一手段としては有効です。

住環境の良くない土地を活用したい方や、駐車場経営が軌道に乗らず別の土地活用をしたい方などには向いているでしょう。

ただ、マンション経営と比べると節税効果が薄いことも注意点です。

マンションの一室を利用している場合でも、固定資産税や相続税に関する特例が受けられないため、収益が税金よりも上回らないケースもあるようです。

さらに、競合が近くにないか、地域特性に合致しているかという点も注意。一例ですが、地方都市の郊外でトランクルーム経営を始めたものの、その地域では自宅敷地が広く納戸など収納スペースがあるため、稼働率が全く上がらず閉鎖したというケースもあります。

これらの点を踏まえたうえで、経営的に成り立つか熟考する必要がありそうです。

トランクルーム経営 失敗&成功談

失敗談

Aさんは、近隣に競合する他施設がなかったので、使い勝手の良さよりも利益を優先して多くのコンテナを設置しました。順調に売り上げを伸ばすことができていましたが、近くに別のトランクルームが開業してしまいました。車で敷地内まで入ることができ、コンテナの前に車を駐車できる使い勝手のよいタイプでした。その結果、Aさんの管理するトランクルームは、利用者が激減してしまい、収入も落ちてしまいました。

成功談

Bさんは父親が遺した土地の形状がいびつだったため土地活用は諦めていました。しかし、そんな土地でもトランクルームは経営できると知りやってみること、依頼した業者のサポートもあり、順調に売り上げが伸び、予想収益よりも多くの収入を得ています。

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る