TOP » 一棟マンション経営入門

一棟マンションの経営入門

土地活用を目的で、一棟マンションのオーナーになるにあたり、事前にオーナーとして理解しておくべき事柄について述べていきたいと思います。

マンションオーナーになる前に、知っておきたいこと

マンション経営に限った話しではありませんが、経験のない分野に知識なしで飛び込むのは無謀意外の何者でもありません。とは言え、マンション経営には国家資格などが必要という訳でもなく、資金と意思、そして正しい知識さえあれば行えます。そこでマンション経営成功への第一歩として、知っておきたい基礎知識を取りまとめてみました。

オーナーの仕事内容を確認しよう

具体的にはまず、オーナーがやらなければならない仕事について。トラブルの対応などの入居者管理や清掃や設備の保守・点検などの建物管理など、オーナーの仕事は思ったよりもたくさんあり、現実には不動産会社などへのサポートが必要です。何を依頼し何を自分で行うかを判断するためにも、その内容を把握しておきましょう。

マンション経営におけるオーナーの管理業務ついて知る

人気の間取りと外観を知ろう

次に人気の間取りや外構について。せっかくマンションを建てたのに空室が続くようでは意味がありません。入居者のニーズや最近の人気を把握し、間取りや外観、外構デザインについての知識を得ておくことが大切です。

マンション経営成功の鍵は間取りにあり

管理方法の種類を知ろう

マンション管理方法には、自己管理、委託管理、一括借上げ(サブリース)の大きく3つの種類に分かれます。

マンション管理の方法で変わってくる収益性

安全性の高い建築法を知ろう

最後は、マンションの建築方法について。建物の工法には大きく分け、木造、鉄骨、鉄筋コンクリート(RC)がありますが、マンションに適しているのはずばり鉄筋コンクリート(RC)です。またRCにもいくつか種類があり、なかでも中層マンションに適しているWRCという工法について述べていますので、ぜひご覧ください。

マンション建築の工法知って正しい選択

マンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較信頼できるパートナー選びはこちらからマンションの土地活用でおすすめの建築会社を比較本当におすすめできるプロはどこ?信頼できるパートナー選びはこちら
コンテンツ一覧
TOPへ戻る