~土地活用・マンション経営で安心・豊かな暮らしを~

HOME » 一棟マンションのオーナーになる前に » 安全性の高い建築法を知ろう

安全性の高い建築法を知ろう

土地活用の手段としてマンション建築を行う場合、どんな工法で物件を建てるべきなのかという点について述べていきたいと思います。

賃貸経営するマンションは、どの工法で建てるべき?

結論から先に言ってしまいますと、一番のおすすめは鉄筋コンクリート造(RC造)、次いで鉄骨造、そして木造は2階建て程度のアパートなら安価なコスト面から検討の余地ありという感じになります。

RC造は建設費用の面では他の工法より高価になりがちですが、耐久性・耐火性・気密性・遮音性といった要素ですべて秀でており、また外観デザイン面でもよりハイセンスに仕上げることができます。賃貸経営を行う物件を建設するには、一番適していると言えるでしょう。

では改めてRC造・鉄骨造・木造についてご説明していきます。

木造系

■在来工法
木造軸組工法とも呼ばれる日本の伝統的な工法。柱と梁を組み、筋かいを入れ、金物で補強する方式。日本の一戸建て住宅の半数以上がこの方式とも。

■2×4工法(木造枠組壁工法)
アメリカ発祥の木造建築で木造枠組壁工法とも呼ばれます。壁、天井の面で構成する方式。密閉性や耐火、耐震性などは、木造軸組工法を上回っています。

鉄骨系

■軽量鉄骨造
厚み4mm以下の鉄骨を工場で加工してフレームの軸組に用いる方式。大量生産が可能なため、コスト面では有利。

■重量鉄骨造(ラーメン工法)
高層ビルなどと同じ柱と梁が剛接合している構造。RC造に次ぐ耐用年数を実現していますが、コストはやや高めになります。

コンクリート系

鉄筋を縦・横の格子状に組立て型枠と呼ばれる木製枠で囲み、コンクリートを流し込んで基礎から屋上までを一体化させた構造を鉄筋コンクリート造(RC造)といいます。その中でも、RC造は以下の工法に分けられます。

■鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)
鉄筋コンクリートに鉄骨を内蔵したラーメン構造。比較的小さい断面で、強い骨組を作ることができる利点があります。特に高層マンションや、店舗などの広い空間が必要な場合に向いていますが、費用的には最も高くなります。

■壁式鉄筋コンクリート造(WRC)
柱や梁を使わず躯体にかかる力を壁で支える、住居向けの鉄筋コンクリート造で、内部空間が広く使用できます。また、面で建物を支えるため耐震性も強く、他の工法と比べても長寿命。コストもRCの中では比較的安いというメリットがあります。

以上の特色を踏まえると、中層・高層の賃貸マンションを建てるにはRCまたは重鉄骨、2階建てのアパートなら木造または軽量鉄骨が適していると言えます。
なかでも3~5階程度の規模のマンションで収益性を考えるのであれば、RC造の中でも、耐久性・耐火性・気密性・遮音性といった利点はそのままに、比較的安価で内部空間が広く使用できるというメリットがある壁式鉄筋コンクリート造(WRC)が最適と言えるでしょう。

 
賢く土地活用!マンション経営成功ガイド